保育理念

保育理念

乳幼児の最善の利益を考慮し、
その福祉を積極的に
推進することを前提とする。

乳幼児が生涯にわたる人間形成の
基礎を培う極めて重要な時期にその生活の大半を過ごすところが保育所である。

従って、
保育所は家庭や地域社会と連携を図り、
多様な価値観を尊重しあっての親育ち、
主体性が育つ
物的・人的環境のもとでの子ども育ち、
安心して地域の中で子育てができる
育ち合いの場づくりを
基本理念として運営する。

保育方針

  • あたたかい見守りの中で心地よく過ごせる環境を提供していく
  • ひとりひとりの良さを伸ばせるように育ちを援助していく
  • 家庭との連携を密にして信頼関係を築き、子育ての楽しさを共感し合う
  • 地域・保育園・家庭が支え合って子育ての環を広げていく

保育目標

健康で明るい子よく食べる ・よく眠る ・ よく遊ぶ
豊かに表現できる子言葉で ・ 身体で ・ 創造で
思いやりのある子愛され ・ 認められ ・ 共によろこび

保育園で大切にしたいこと

泥んこ・水遊び素足で太陽が友だち

天気の良い日は、太陽の下で水・土に触れていっぱい遊びます。
素足で足の裏に刺激を与え、足の指全部をしっかり使って
脳に刺激を与え、心身ともに元気に過ごす。

自然とのかかわりを 大切に・・・

園周辺には自然がいっぱい。みんなと楽しく歩き、みんなとたくさんの発見!
畑で小さな生き物や土に触れながら、野菜の収穫。

笑顔あふれる保育園

子どもも保護者も保育士も 楽しい・嬉しいがいっぱい!

保育園も家族も 地域の仲間と共に

赤ちゃんから2歳児までの子どもたちが生活する大家族。
地域の中で、大人も子どもも大きく成長。

施設責任者 仁科 百合子

ごあいさつ

 そがのぞみ保育園は、田園地域の真ん中にあることで 太陽の光と風を体いっぱいに感じることができ、見上げると広い空が広がっています。
同じ建物内では、学童保育所や地域の親子サークルが活動しています。 

 そんな園で子どもたちには心優しく、たくましく、そして自己発揮できる子になってほしいと思っています。

 保護者の皆さんには、子どもたちの成長を見守りながら、「子育てって楽しい!」と思って頂けると嬉しいです。

 そがのぞみ保育園は、子ども一人ひとりの個性を大切に、保護者の皆さんが安心して子どもを預けられる園でありたいと一番に思っています。