保育理念

施設責任者 細野 紀子

ごあいさつ

 なかうちだのぞみ保育園は、広い園庭と自然に囲まれのどかで恵まれた環境の中にあります。

 子どもたちには、実際に見て触れる経験を大切にしながら、自然の中でたくさん体を動かして遊び、心身ともに健やかに育ってほしいと思っています。

 遊びを通じて、子どもの「やりたい」気持ちや意欲を育て、やりたいことを満足するまで楽しめる環境づくりを心がけています。

 家庭的な雰囲気の中で、異年齢の子どもたちの関わり合い、思いやりや憧れの気持ちの育ち合いを見守り、一人ひとりの個性を大切にしています。

 小さな子どもたちが集う保育園だからこそ、保護者の皆様と共に子どもの成長を喜び、共に育んでいきたいと思っています。

保育理念

乳幼児の最善の利益を考慮し、
その福祉を積極的に
推進することを前提とする。

乳幼児が生涯にわたる人間形成の
基礎を培う極めて重要な時期にその生活の大半を過ごすところが保育所である。

従って、
保育所は家庭や地域社会と連携を図り、
多様な価値観を尊重しあっての親育ち、
主体性が育つ
物的・人的環境のもとでの子ども育ち、
安心して地域の中で子育てができる
育ち合いの場づくりを
基本理念として運営する。

保育方針

  • あたたかい見守りの中で心地よく過ごせる環境を提供していく
  • ひとりひとりの良さを伸ばせるように育ちを援助していく
  • 家庭との連携を密にして信頼関係を築き、子育ての楽しさを共感し合う
  • 地域・保育園・家庭が支え合って子育ての環を広げていく

保育目標

健康で明るい子よく食べる ・ よく眠る ・ よく遊ぶ
豊かに表現できる子言葉で ・ 身体で ・ 創造で
思いやりのある子愛され ・ 認められ ・ 共によろこび

保育園で大切にしたいこと

太陽が友だち

天気の良い日は、太陽の下で季節を感じながらいっぱい遊びます。
広い園庭で思いきり走り、園外保育では土手の斜面を登り、遊びながら丈夫な足腰をつくります。

自然とのかかわりを 大切に・・・

自然豊かな環境の中で、探索することを楽しみ、草花に触れ、昆虫を追いかけ、
自然を五感で感じる経験を大切にしています。
花壇や野菜作りを通し、育てるのも見るのも、食べるのも大好きです。

お散歩、大好き!

園周辺には、自然がいっぱい。
みんなと楽しく歩き、実際に見て触れて、みんなとたくさんの発見!

保育園も家族

0歳児から2歳児までの子どもたちが生活する大家族。
地域の中で、共に育ち合うことの喜び。